■プロフィール

daieiyocchan

Author:daieiyocchan
BLOG韮崎市倫理法人会へ
ようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■山梨県倫理法人会
■アイユーホーム
■株式会社大栄測量

daiei-baner

■最新トラックバック
■チャイルドライン
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■リンク
■FC2カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
第376回モーニングセミナー
平成22年5月25日 火曜日
講 師/社団法人倫理研究所 法人局 参事 小林 桂子様
テーマ/愛の一言で人生が変わる

小林桂子様

 人間誰でも問題を抱えていない人はいない。いち主婦である私は企業経営者ではないので会社の経理や経営のことは解らない。だが「世の中に起きてきたことは何でも解決出来る」不思議な実体験を数多く観てきた講師は胸を張ってこう語ります。今まで数多くの出逢いで体験してきた真実は全ての中で繋がっている。自らの体験と相談者の悩みが重なるケースが多いといいます。 
ある日、明日会社をたたむという、とある蒟蒻(こんにゃく)製造会社の専務から「ぜひ相談にのってくれ」と自宅に招かれます。そこには人の話しを聞かないという社長である父親、姑と確執のある母親、社内でいつも問題を起こし結婚に希望を持てない弟、そして一家離散を抱え会社の存続を願うが、どう対応していいか分らない相談者の専務である長男。事前に税理士に依頼し、全てを清算する段取りは既に整っています。招かれた会社には立派な製造機械が並んでいました。直感から弟に席を外してもらい三人から、まず話しを聞くことになります。その中で母親から長男の知り得なかった姑との根強い確執、働き手として嫁にもらったことが語られ、頼むから「おなかの中で死んでくれ」と願ったひとつ違いの次男誕生の経緯が語られます。いたたまれない父親、苦しかった父親.....「ただ々涙涙」別室に居た弟も両親の涙を見て、積を切ったように語ります。兄の留守の間に会社で頑張ってきたこと、結婚して跡取りとして戻ってきた苦労知らずの兄をいつもうらやんでいたこと。兄をほめる父親。いつも叱られる弟。兄も自責の念でいっぱいです。「ただ々涙涙...」次男が語ります。「兄貴悪かった。もう一度やり直そう!」後に父親は社長を引退し長男が引き継ぎます。現在では中国にも製造工場を持ちこの不況の中でも売り上げ実績を上げているといいます。この日を境に「みんなの心が優しくなった....」「墓参りも家族で初めて行った」と後日手紙で報告されました。
心が変われば、すべてが変わる。すべては先祖と繋がっている。まさに「本(もと)を忘れず、末を乱さず」です。

”ほんとうに、父を敬し、母を愛する、純情の子でなければ、世に残るような大業を成し遂げる事はできない。いや世の常のことでも、親を大切にせぬ子は、何一つ満足に出来ない。”(13条/反始慎終)

 倫理法人会の歌「夢かぎりなく」の三番「ああ 父母に 涙ささげて~♪」は、まさに経営者に捧げる歌詞であると....。昨日の幹部研修に続きご講話いただきました。受講者に起こる不思議体験にはブログでは触れていませんが、直接受講することで、あなたも体験者の一人になるかもしれません!?


2010年5月清掃

早朝5時より役員朝礼に先立ちまして月一回の活動として、会場に隣接する公園とトイレの清掃を行いました。守屋副専任幹事がトイレットペーパーの補充と蛍光灯の清掃に奔走しました。(写真中央)

今日一日、朗らかに安らかに、喜んで進んで働きましょう!
ありがとうございました。
(参加/19社19名)




《依頼連絡》 
◎県企画会/5月29日(日)午前8時~ 新都市設計
◎県役員会/6月6日(日)午前5時~ 木の国サイト韮崎市倫理法人会担当
◎甲府市倫理法人会・倫理講演会/6月8日(火)講師:丸山敏秋理事長 かいてらす
◎韮崎倫理役員会/6月10日(木)午後12時~ 韮崎「バーバラハウス99」




次週 第377回 モーニングセミナーのご案内

日 時/平成22年6月1日 火曜日 午前6時~7時
会 場/韮崎市商工会館 2階/山梨県韮崎市本町1-5-25
講 師/富士吉田市倫理法人会 会長 渡辺 徹 様
テーマ/経営に倫理を

明るく和やかに仕事のスタートが切られますように
多くの会員の皆様の出席をお待ちしております。

スポンサーサイト
モーニングセミナー | 11:12:49 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。